ぴろすけの健康日記

PilosuK's health diary ~健康・運動・キャンプ・習慣つくり~

MENU

ダイエット(減量)に失敗する人、頭使えば痩せるよ。

といっても、計算ドリルの問題たくさん解け、とか頭使うことしろ、ってわけじゃない。

ダイエット(減量)に失敗する人っていくつか特徴があると思うのだよね。

今回は、いつまでたってもダイエット(減量)に失敗する人の特徴と対策をまとめていく。

 

ダイエット(減量)に成功しない人の特徴

①無計画に始める。

②ネットの情報を鵜呑みにする。

③言葉の意味を正しく理解しようとしない。

④記録を取らず、原因を考えない。

⑤絶対に近道があると信じている。

 

だいたいこんなところ。

細かいところを言うともっとたくさんあるけど、大きく言えばこの3つ。

 

私自身の減量方法は実のところ10年前の2010年に確立した方法で、特に変更も加えていない。

あらゆるダイエッターたちも10年前も今も同じことしか言ってない。

なのに、「○○で痩せる!」とか「1日〇分◆◆するだけで体重が落ちる!」とか「○○ダイエット法」ビジネス根性丸出しな記事なり動画なりがあふれかえっているわけだな。

こんな記事を書いているのも、ネットに氾濫する玉石混交なダイエット記事を見ていて、2007年に起きた納豆ダイエット事件をふいに思い出したからなのだけど。「いまだにデブは踊らされてるんだなぁ、ジム行って踊れば痩せるのに。」って思ってしまった。

 

以降は各項目ごとに焦点をあてていく。

 

①無計画に始める。

もうほんとにね、計画立てないってそもそもダイエット(減量)してないのと一緒。

いつかやるって言ってるときから何も進展しない。

さっさと「いつ」までに「どのくらい」痩せるのか決めなさい。

そして、無理な計画を立てないこと。多くても1か月に体重の4%まで。ここで重要なのは〇kgではなくて今の体重のパーセンテージで目標を決めること。同じ身長で体重100kgの人間と70kgの人間の減量方法は全然違うの。

「2週間で痩せる」とか謳っているガセみたいな情報に騙されないで。言っておくけどやろうと思えば1日で3kgは落とせるからね?手品のタネはあるけど。

 

「でもあの人は3か月で20kgも痩せたよ?」とか他人にかまってる暇はないの。

私の場合は1か月4%で計画してたらそれ以上に痩せてしまっただけ。ぶっちゃけその分筋肉も落ちてるからある程度筋肉で体重増えるまでリバウンドする。油断したらリバウンドする、絶対に。

 

そして、計画を立てても計画通りにいかないの。体重の変化にはいろんなことが作用してくるから、数値計算だけでうまくいくようにできてない。非常に単純に考えれば脂肪は1kgで7,200kcalだから1日300kcalずつ落としていけば30日で1kg落ちる計算になる。けれど実際には脂肪だけではなく、筋肉だったり、水分だったりいろんなものが削れていく。

筋肉が落ちれば、基礎代謝が下がって摂取カロリーを調整しなければいけないし、何時に何を食べたかで食品のエネルギー吸収率は変わるし、食べ物だって種類によってエネルギー変換効率は変わるし、その日の活動量だって体調だって吸収率に作用する。

こんなのスパコンだって精密に計算できないよ。

 

じゃぁ、計画なんて意味ないじゃん、とか思ってない?そうじゃないのよ。

「あんた痩せないから、ずーっと1日仙豆1こしか食べたらだめね」って言われてできる?常人には無理でしょ。

でも「〇か月後に■kg痩せたいなら〇か月のあいだずーっと1日仙豆1こね」って言われたら、多少できそうな感じがする。

計画ってそういうもの。うまくいけば我慢しなければならない期間が短くなるし、もしうまくいかなくても、うまくいかなかった原因と対策を考えられるし、これまで頑張ってきたんだからもう少しだけなら頑張れるかも。ってなる

 

まず、「いつ」までに「どのくらい」痩せるのか、計画を立てよう。

 

②ネットの情報を鵜呑みにする。

とにかく食事におけるダイエット(減量)の手順は1つしかない。摂取カロリー<消費カロリーを保つということだけ。

 

MEC法・クレンズ法・リンゴ・青汁・おかゆ・ゆで卵・グルテンフリー・プロテイン・豆乳・ヨーグルト・枝豆・こんにゃくを含めた置き換えダイエットないし糖質制限ダイエットも断食ダイエット、実に様々でみょうちくりんなダイエット法が存在している。どれもこれも結局は、摂取するカロリーを減らす、または吸収されやすい食べ物を減らすことで実質的な摂取カロリーを減らすダイエットでしかない。

 

言葉を変えるだけで、あら不思議。これは新しいダイエット法なんじゃないかと錯覚してしまう。

 

たしかに、それぞれの食材は健康的な食べ物が多く、摂取すると体に良いかもしれない。

だが、普段の食事に上乗せしても意味がない。少なくとも何かの代わりに置き換えなければさらに摂取カロリーを増やすだけになってしまう。

 

白米を減らして、野菜に置き換える。食物繊維の少ない白米は血糖値を上げやすく空腹を感じやすいので空腹感を回避する点では非常に有効だと思う。

しかし、度が過ぎると想像以上に摂取カロリーが低くなってしまい停滞期に陥りやすくなったり、カロリー不足を筋肉の分解によって補うことで基礎代謝が下がる可能性もある。

白米を減らす場合は玄米や雑穀米など炭水化物は別の炭水化物で置き換えるようにすると、栄養の偏りが少なくバランスの整った食事にしやすい。また、玄米などは食物繊維を多く含むため、血糖値の上昇を抑える働きがある。

 

現代の食環境をタンパク質・脂質・糖質の3大栄養素で見ると、圧倒的に糖質が多い。

PFCバランスの計算上数値の割合と実際の食べ物の見た目の割合は結構違うので、炭水化物を1品控え、代わりにタンパク質のおかずを1品増やすだけでバランスがよくなる。

 

それと糖質制限やケトジェニックはよほどの知識が無い限り手を出すべきではない、と考える。生きるために必要な3大栄養素の一つを中途半端な知識で制限するなんてとてもリスキーだ。ただでさえ知識が無くてぶくぶく太ってるのにね。

 

番外編だが、姿勢を正すだけでダイエット効果がある、とか、寝るだけだけダイエット。これは8割嘘で2割本当。

姿勢を正すことで普段使われていない筋肉に刺激を与えて消費カロリーを増やすことは考えられるけど結局それ以上食べてれば太る。

寝るだけダイエットも眠りが浅くて困っている人には一定の効果がありそう。まず寝る前にスマホをやめろ。そして食いすぎるのをやめろ。

 

減量の道は摂取カロリー<消費カロリーだけ。

 

③言葉の意味を正しく理解しようとしない。

酵素ダイエットの「酵素」とか、「デトックス」、「脂肪燃焼サポート」、クレンズダイエットの「クレンズ」とかみんなきちんと意味わかってて使ってるのだろうか?

私は、よくわかんないからその手のダイエット方法はやったことが無い。君子危うきに近寄らず。

 

酵素ダイエットの「酵素

酵素とは消化吸収を促進する生物特有の触媒物質でしかなく、基本的に外部、つまり食べ物から体内に取り込むことは不可能。

一部の菌類や植物が持つタンパク分解酵素で食べ物の吸収効率をよくしようってことになるよね。自力で消化せずに消化しやすい状態にするということは食べ物を消化するのに必要なエネルギーを節約するってことにならないか?消費カロリー減るじゃん。ダイエットと真逆ですやん。

 

デトックス

これよくわからない。毒素を外部へ排泄しようということらしいけど。生体実験結果の段階で止まってる食べ物もデトックス効果があるって謳っている。

肥満と毒素の関係もまだあいまいなのにひとり歩きしてる感じ。

とりあえずデトックス効果ありって書いてあるものは付加価値つけようと頑張っている詐欺商品かもしれないと思っている。

 

・脂肪燃焼サポート

BCAAとか、これは意味は分かるのだけど好んで摂取している人はサポートって意味が分からなくてとりあえず摂取しておけばOKみたいに思っている人が多い気がする。まず食いすぎるのをやめろ。

 

・クレンズダイエット

クレンズ(cleanse)ってことで浄化とか清めるという意味らしい。

このダイエット方法は、平たく言えばコールドプレスジュース?とかいう果実から純粋な糖質だけを取り出す製法で作られたジュースを断食しながら飲むという方法。

スムージー飲んでたほうが食物繊維があるだけマシじゃないか。

え?不溶性食物繊維などの不要な物質を取り除くことで純粋な栄養素を直接吸収できます?酵素よりひどいじゃないか。

ダイエット効果があるのは断食(ファスティング)したからだと思うぞ。

 

・スーパーフード

これは特定の栄養価の含有量が高い食べ物につく名称らしいけど、スーパーフードでなければその栄養が取れないというわけでもないし、普段の食生活で野菜をきちんと食べていれば問題ない。

 

お金を搾り取ってくる言葉に気を付けた方がいい。

 

④記録を取らず、原因を考えない。

本気でダイエットをしようとしている人間で、自分の体が気にならない人間っていないと思う。

体重なんて10秒あれば計れるでしょ?毎日記録しなよ。…そんなに忙しいの?だったら週1回でもいいよ。

 

毎日体重の記録付けておけば、何を食ったから体重が増えた、とかいろいろわかることがあると思うんだけどな。

私の場合肉を消化するスピードは速いので次の日に残らないけど、炭水化物と野菜は2日くらい体に残るなとか、睡眠時間が3時間をきると水太りが起こるとか、4kmジョギングしたら一律で1kg落ちるなとか、もうめちゃくちゃにデータとれまくりよ。

人によって痩せる要因太る要因違うんだからそれだけダイエット(減量)法があるわけよ。

食物繊維と親和性の高い人間なら、キャベツダイエットが有効とか、肉と親和性が高ければ肉食ダイエット有効とか、各ダイエットの有効性が見えてくる。

 

毎日記録とらないやつは甘いよ。砂糖より甘い。甘々。

 

⑤絶対に近道があると信じている。

 

ないよ。

 

痩せたきゃやりな。ダイエットサイトなんて8割くらいビジネスでやってるんだから、甘言に釣られる前に本当に効果あるものなのか、考えた方がいい。

 

 

以上

f:id:pilosuk:20210911200312j:plain

これは海の写真。