ぴろすけの健康日記

PilosuK's health diary ~健康・運動・キャンプ・習慣つくり~

MENU

ダイエット(減量)のきっかけをつくる、それが計るだけダイエット

・とにかくダイエット(減量)をはじめたい

・気軽にダイエット(減量)に取り組む方法を知りたい

・楽にダイエット(減量)する方法はないの?

 

そんな方に向けて、30歳を超えてから3か月で20kg以上の減量に成功し、現在は筋肉量を増やすための食事と運動を実践しているぴろすけが、NHKためしてガッテン」で取り上げられた超簡単ダイエット(減量)法、「計るだけダイエットについて取り組み方と注意するポイントなどについて解説をします。

参考になれば幸いです。

 

 

 

f:id:pilosuk:20211102155004p:plain

その名の通り、体重を計って記録していくだけです。

きれいに右下がりになっていく記録は何とも言えない達成感がありますね。

 

【前提】ダイエット(減量)の基本のキ

もはや、テンプレ。

どのダイエット方法にしても必ず守るべきことが以下の3つになります。

 

摂取カロリー<消費カロリー

入ってくる量が出ていく量より多ければ、もちろん太ります。

自分の基礎代謝量と毎日の摂取カロリーを知ることが大切です。

 

毎日の食事と体重を記録する

仕事でも、仕入れと売り上げを記録しますよね。

自分が毎日どれだけカロリーを摂取しているのか、栄養バランスのとれた食事ができているかどうか、何を食べると太りやすく太りにくいのかを知る必要があります。

食べていないつもりでも食べ過ぎていたり、栄養バランスが偏っていることはとても多いです。

 

2週間以内の体重変化、5%以内の体重変化は誤差

体重は体脂肪だけでなくどんな食材を食べたのか、排泄の期間はどのくらいかで日々変動しています。

短期間で体重が減ったとしても、そのほとんどは水分であることが多いです。

 

それを踏まえたうえで、計るだけダイエットがどのようなものなのかを見ていきましょう。

 

計るだけダイエットとは?

朝と晩の2回、体重を計って記録をするだけです。

体重が増えてしまった時は増えてしまった言い訳を書くことで必要以上に後悔しないようにすることがガッテン流でしたが、私はお好みで良いかと思います。

体重が増えた理由、減った理由を考えるのは大事ですが。

 

体重の記録方法①紙に書いていく

計るだけダイエットの記録シートが下の画像のようなものです。

これを印刷して体重計の近くに置いて記録をしていきます。

f:id:pilosuk:20211102160246j:plain

https://www9.nhk.or.jp/gatten/pdf/dietcal_a3orenge.pdf

 

体重の記録方法①スマホアプリに記録していく

計るだけダイエットにおすすめのアプリ

シンプル・ダイエット

ダイエット&体重記録・管理アプリ for iPhone/iPod touch - シンプル・ダイエット

朝晩2回の体重測定に対応しています。

本当にこれだけなので、初心者におすすめ。

 

RecStyle

RecStyle

私の愛用アプリ。

体重や体脂肪の測定はもちろん、食べ過ぎ・飲みすぎ・運動・排泄・体調不良をスタンプでマークできる。

あすけんほど徹底してるのはめんどくさいけど、ざっくりと食事メニューをメモ帳に残したり、ユーザーが自由に使える余地があってちょうどいい感じです。

 

あすけん

あすけん | あすけんダイエット - 栄養士が無料であなたのダイエットをサポート

体重だけでなく、食事のカロリーや栄養バランスも判定してくれる優秀なアプリ。

私も以前は使用していましたが、入力項目が多くて疲れてしまったため、Recstyleに変えました。

 

計るだけダイエットのメリット3つ

とにかくはじめやすい

体重計とスマホ、もしくは紙とペンがあれば始められます。

体重を計るだけでダイエットになるの?と思っている方はぜひ試してみてください。

1週間もあれば、食生活が変わっています。体重にも変化があります。

 

体重が見えると生活が変わる

体重を毎日記録していると、「○○を食べた次の日は体重があまり増えていないな」とか、「水を飲み過ぎて太ってしまったな」とか、「運動したのに体重が増えている、なんでだ?」などと気づきが見えてきます。

自分にとって、太りやすい食材や太りにくい食材といった体質もわかるようになってきます。

そうすると、より健康に気を使ったり、明日はこんな工夫をしてみようといった楽しみが増えてきます。

 

食事内容を意識するようになる

体重が増えていると、「昨日○○を食べてしまったから体重が増えてしまったのかも」とか、「○○を試してみたら、体重が減り始めていい感じ」といった気づきが得られます。

どの食事をすると体重に大きく影響があったり、逆に食べても痩せる食事が見つかったりと普段何を食べて生活しているのかを振り返るようになります。

実際に私の体は、炭水化物は食べても体重増に影響しない、つまり糖質制限は私にとってはあまり効果が期待できない方法だということがわかりました。

 

計るだけダイエットでの注意点2つ

同じ時間に測定すること

体重は一日の中で絶えず変化をしています。

そのため正確な記録のためには、同じ時間に体重を測定することが大切だということです。

朝起床直後であれば起床直後、10時と決めていれば毎日10時に計るようにしましょう。

体脂肪率が測定できる体重計もありますが、こちらについても同様です。

同じ時間に測定できるように体重を計る時間を決めましょう。

 

明日はどう工夫するかを考えること

なんの工夫もなく毎日体重を計っているだけでは、残念ですが何も成果を得ることができません。

昨日までの体重、いままでの体重と今日の体重を見比べて、体重が増えている要因・減っている要因を考えて工夫をしていくことが大切です。

 

例えば、体重が増え続けているようであれば、食事量は普段より多くなっていないかを確認していくことが必要です。

または、寒くなって外に出なくなって運動量が減ったなど、季節によって行動が変化した結果体重に影響を及ぼしていることも考えられます。

 

工夫ができるかどうかはダイエットに限らず、日々を楽しむうえでは重要なことだと考えられます。

次に、どのような人に計るだけダイエットが向いているかを検討していきましょう。

 

計るだけダイエットに向いている人

・コツコツと小さな努力を重ねることができる人

・毎日記録を継続して行うことができる人

・一日の行動を振り返り、明日への工夫ができる人

計るだけダイエットで十分に効果を得ることができる人と言えます。

計るだけダイエットに向いていない人

・すぐに結果が欲しいせっかちな人

・空きっぽくて、記録をすぐにやめてしまう人

・一日の行動の振り返りができない人

計るだけダイエットに向いていない人と言えます。

 

 

計って記録をしていくことに慣れていくと、現在私も取り組んでいる「レコーディングダイエット」でより深く日々の食事や生活を分析することができます。

 

計るだけダイエットの発展版「レコーディングダイエット」

体重だけではなく、食べた食事のカロリーや食事時間、運動の内容などを記録することで、より体重の変化要因を分析することができます。

詳細については改めて紹介したいと思います。

 

まとめ

計るだけダイエットは、簡単に始められる。

毎日コツコツ記録をすることが大切。

日々の体重変化を見て、工夫を考えることが大事。

 

その他おすすめ記事

糖質制限についてのページはこちら

pilosuk.hatenablog.com

おいしいプロテインバーについてはこちら

pilosuk.hatenablog.com