ぴろすけの健康日記

PilosuK's health diary ~健康・運動・キャンプ・習慣つくり~

MENU

ダイエット(減量)初心者がやっておきたい筋トレ1選

ダイエット(減量)初心者がやっておきたい筋トレ1選

こんな人向けの記事です。

・健康のために運動を始めようと思っている方

・痩せたいけど運動は極力やりたくない方

・筋トレの習慣が身につかなくて悩んでいる方

そんな方に向けて、30歳を超えてから3か月で20kg以上の減量に成功し、現在は筋肉量を増やすための食事と運動を実践しているぴろすけが、「スクワット」について解説をします。

 

参考になれば幸いです。

この記事でわかること

・痩せるための運動は「スクワット」だけでいいこと

・食事制限を始めたばかりの人は無理に運動までやらなくていいこと

・習慣にするためにはハードルを下げて取り組みやすくすること

 

痩せるための運動は「スクワット」だけでいい

太ももの筋肉は身体で最も大きい筋肉です。

スクワットはお尻・太ももの筋肉だけではなく、姿勢を支えるための腹筋・背筋も鍛えることができます。

そのためスクワット運動は効率よく筋肉をつけることができます。

 

私も、時間がない時はスクワットを優先してやっています。

 

また、筋肉をつける目的は基礎代謝量のアップです。

運動の消費カロリーはあまり大きくないので、運動だけで痩せることは難しいです。

 

基礎代謝量が1600~2000kcalに対し、ジョギングは15分で150kcal程度、筋トレも30分程度で100~150kcal程度しか消費できません。

 

150kcalは小さなおにぎり1個程度と同等のカロリーなので、運動をするよりおにぎり1個我慢するほうがダイエット(減量)は楽に行えます。

 

参考:生活や運動の消費カロリーの計算 - 高精度計算サイト

参考:加齢とエネルギー代謝 | e-ヘルスネット(厚生労働省)

 

スクワット

ダイエット(減量)を始めたばかりの人は無理に運動までやらなくていい

ダイエットは運動を行うより、食事量をコントロールすることが重要です。

普段食べ過ぎてしまっている人は食事の制限だけでも大きなストレスがかかってしまっています。

 

ダイエットの失敗はストレスによる反動が最も大きいです。

 

そのため、ダイエットを始めたばかりの人はまず、食事量や食事内容に慣れるまでは運動を無理に行う必要はありません。

 

また、糖質制限や食事の摂取量の決め方についてはこちらを参考にどうぞ

ただ米を減らせばいいわけじゃない。糖質制限ダイエットの誤解と正しい考え方 - ぴろすけの健康日記

 

運動習慣にはハードルを下げて取り組みやすくすることが大事

良い習慣は身につけるまでに時間がかかりますし大変です。

習慣を効率よく身に着けるためには、ストレスにならないほど小さいことから始めていくことが重要だと私自身の経験からも感じています。

 

実際、筋トレの習慣をつけるにあたって、腕立て5回、スクワット5回を1セットをパソコンを起動する前にやることから始めていきました。

今では、週2~3回にスクワット100回、腕立て100回、懸垂30回やることが習慣になっています。

 

習慣づくりについてはこちらの記事を参考にしてください。

習慣のコツは志向と嗜好と試行。習慣にならないのは思考からもう一歩出ていないから。 - ぴろすけの健康日記

 

より効率よく脂肪燃焼をしたいならサプリも

グリコのパワープロダクション エキストラバーナーには、HCAとカフェインの二種類の脂肪燃焼成分が含まれています。

 

ただ飲むだけで脂肪が減るわけではありませんが、ジョギング・筋トレの20~30分前に摂取したり、午前中に摂取することでわずかな動きを効率的に脂肪燃焼させることができます。

 

1箱180粒で1か月分としていますが、運動するときだけ摂取すれば1箱で2~3か月程度はもちます。

 

 

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

↓良かったら読者登録をお願いします!